株式会社オータマは1964年の創業より、パーマロイによる磁気シールド専門メーカーとしてご愛顧いただいております。

English
株式会社オータマ Company
企業情報
ご挨拶
企業理念
企業データ
沿革
組織図
主要設備
採用情報
アクセスマップ
ホーム > 企業情報 - 沿革 前のページへ

沿革

1964〜1980
1964年 (昭和39年)
2月 2月14日、東京都稲城市押立1780番地に於いて大多摩金属工業株式会社創立、資本金100万円。磁気シールドケースの専門加工業としてパーマロイ(鉄ニッケル合金)の板金、プレス、水素焼純加工業を開始する。
1968年 (昭和43年)
7月 資本金300万円に増資する。
1969年 (昭和44年)
8月 財務管理、技術計算のコンピュータ化を実施する。
1970年 (昭和45年)
12月 現在地に本社工場を建設する。
1973年 (昭和48年)
7月 資本金1000万円に増資する。
1976年 (昭和51年)
3月
合理化工場として東京都知事賞を受賞する。
11月 電算機による合理化工場というテーマにてNHK教育テレビ「明日の経営」に3回放映される。
1977年 (昭和52年)
3月 八王子税務署長より優良申告法人として表敬状を授賞する。(第1回目)
1978年 (昭和53年)
3月 合理化工場として中小企業庁長官より表彰状を授賞する。
1980年 (昭和55年)
  工場増設完了と同時に各種自動加工工機を導入、NC化を実施する。又最大級大型水素焼鈍炉を導入し、大型パーマロイ製品の熱処理処理加工を可能にする。
ページ上部へ
1981〜1990
1981年 (昭和56年)
4月 中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場として指定される。(第1回目)
1985年 (昭和60年)
5月 核融合実験炉JT−60のイオン源、中性化セル用大型磁気シールドケースを製作完納する。
11月 電子顕微鏡の第1号シールド対策用ケースの納入。
1987年 (昭和62年)
2月 電磁波障害(EMI)に対応する為、電磁波シールド加工用生産設備及び検査測定装置を導入する。(亜鉛溶射加工開始する)
4月 防衛庁よりMIL規格(MIL-W-6858Dスポット溶接)の認定を受ける。
1988年 (昭和63年)
7月 工場増設し、各種精密自動プレス機を導入し生産性の工場を計る。
8月 8月1日、株式会社オータマに社名変更する。(5月27日変更、6月20日登記)
1989年 (平成元年)
11月

電磁波測定用オープンサイト1号機建設完成。イーエムシーオータマ株式会社設立。

EMI(電磁波測定)事業を開始する。(山梨県用地10,000平方メートル)

情報処理装置電波障害自主規制協議会(VCCI)に賛助会員として入会する。(山梨県)

1990年 (平成2年)
1月

情報処理装置電波障害自主規制協議会(VCCI)へ電磁波測定用オープンサイトを測定設備として届出し受理される(山梨県)。

電磁波測定及び対策業務を開始する(山梨県)。

5月 米国連邦通信委員会(FCC)へ電磁波測定用オープンサイトを登録申請し受理(ファイリング)される。(山梨県)
ページ上部へ
1991〜2000
1991年 (平成3年)
2月 EMC・JAPAN’91の展示会に参加出展。
1992年 (平成4年)
11月 テレビ朝日の”東京NOW”に中小企業合理化工場として放映される。
1993年 (平成5年)
3月 中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場の経営合理化工場として放送される。
5月

NHKテレビのクローズアップ現代(5/31、PM9:30:〜10:00)に電波測定用オープンサイトの電磁波測定及び対策技術が放映される。

米国連邦通信委員会(FCC)の規定改定に伴い電磁波測定用オープンサイトをANSIC63.4に従い登録申請し受理(ファイリング)される。(山梨県)

1994年 (平成6年)
1月 情報処理装置電波障害自主規制協議会(VCCI)の規定改定に伴い電磁波測定用オープンサイトを測定設備として登録し受理される。(山梨県)
2月 株式会社オータマ創立30周年記念式典を行う。
1995年 (平成7年)
4月 中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場として再々指定される。(2年毎8回目)
5月 ドイツ、テュフプロダクトサービスより電磁波測定用オープンサイトが承認試験所として認可される。(山梨県)
9月 国家(運輸省)プロジェクト「メガフロート技術研究組合」に参加。
「浮体ユニットでの磁気計測」の開始。
1996年 (平成8年)
 
磁場キャンセラーの開発、販売。
11月 ドイツ系企業テュフ・プロダクト・サービスジャパン(株)との合弁企業ティーピーエスオータマ株式会社を設立。
EMS(イミュニティー)事業を開始する。(山梨県)
1997年 (平成9年)
11月

磁気シールドルーム組立用クリーン新工場完成、本格的に受注・生産を開始す

イーエムシーオータマ(株)オープンサイト3号基完成する。(山梨県)

1998年 (平成10年)
1月 シールドルーム組立工場建設、移動開始。
4月 EMC・JAPAN’98に出展。(6回目)
2000年 (平成12年)
2月 特許取得(メガフロート実証実験にかかわる測定方法)
発明の名称 偏角測定装置
特許第 3033945号
ページ上部へ
2001〜                
2001年 (平成13年)
4月 ティーピーエスオータマ社員4名、ドイツの関連会社で研修し帰国後、社内改善等を大々的に推進し多数の顧客から絶大なる好評を得る。(山梨県)
12月 磁気測定設備の測定精度、範囲、3軸測定、測定Data処理System等を含めて更に充実を計る。
2002年 (平成14年)
2月 世界最大級の超大型&高性能磁気Shield Roomを国土省関連の庁に納入する。
6月 日野税務署長より優良申告法人として表敬状を授与。(日野署より5年毎6回目)
8月 イーエムシーオータマ株式会社をテュフオータマ株式会社に社名変更する。
10月 ティーピーエスオータマ株式会社をテュフオータマ株式会社に吸収合併する。
2003年 (平成15年)
6月 EMC展示会出展・インターネプコンジャパン出展
11月 ISO9001:2000認証取得
2005年 (平成17年)
2月 特許取得
発明の名称 磁気シールドパネル
特許第 3642478号
2006年 (平成18年)
2月 建設業の許可(板金工事等)取得
2007年 (平成19年)
1月 テュフオータマ株式会社をテュフズードオータマ株式会社に社名変更する。
8月 KES ステップ2登録。
2009年 (平成21年)
7月 経済産業省「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」を受け、新しい磁気シールドルームの開発スタート
2013年 (平成25年)
5月 オータマ校正サービス設立
9月 テュフズードジャパン(株)との合弁を解消し、テュフズードオータマ(株)を子会社化。(株)e・オータマへ社名変更
2014年 (平成26年)
2月 創立50周年記念式典開催
4月 八王子みなみ野工場建屋着工 2015年3月完成予定
ページ上部へ
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー Copyright(c)OHTAMA co.,ltd. All Rights Reserved.