株式会社オータマは1964年の創業より、パーマロイによる磁気シールド専門メーカーとしてご愛顧いただいております。

English
株式会社オータマ Product
企業情報 製品&サービス 技術情報 よくある質問 資料請求 お問い合わせ
製品&サービス
磁気シールド・遮蔽部品
磁気シールドルーム・
チャンバー
パネル式ルーム
現場構築式ルーム
特長
導入事例
磁気シールドケース
高精度空調ユニット
磁場キャンセラー
磁界環境測定サービス
熱処理
ホーム > 製品&サービス > 磁気シールドルームチャンバー > 現場構築式ルーム > 特長 前のページへ

特長

現場構築式ルーム 導入事例 お問い合わせ
現場構築式ルームの特長
某研究施設 半導体検査装置用建築物の壁・天井に支持させるように磁気シールド材料を取り付けてルームを構築していく方式です。現場での作業がメインとなり、比較的に大型のルームに用いられる方法です。また、建築物の壁がない部分にもパーティションを立てて新たに壁面を作ることも可能です。
構造図
1層シールド構造平面図(壁・壁)
1層シールド構造平面図(壁・壁)
 拡大図を見る
2層シールド構造平面図(壁・壁)
2層シールド構造平面図(壁・壁)
 拡大図を見る
1層シールド構造立面図(天井・壁)
1層シールド構造立面図(天井・壁)
 拡大図を見る
2層シールド構造立面図(天井・壁)
2層シールド構造立面図(天井・壁)
 拡大図を見る
施工例
既存の建屋の一室にシールドルームを構築し、扉面は新たにパーティションで作っています。内側は磁気シールド材料の上を耐熱ボードとクロス張りで仕上げています。一つの大きな実験室を半分に区切り、片側を磁気シールドルームとして生まれ変わらせた物件です。
現場構築式ルーム 導入事例 お問い合わせ
ページ上部へ
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー Copyright(c)OHTAMA co.,ltd. All Rights Reserved.